乃木坂ピンボールマシン新台

ホーム >  刊行物 >  JOGMEC NEWS PLUS >  持続可能な航空燃料「SAF」って何? 使用済みの食用油やゴミから燃料ができるってホント!?

持続可能な航空燃料「SAF」って何? 使(shi)用済みの食用油(you)やゴミから燃料ができるってホント!?

持続可能な航空燃料「SAF」って何? 使用済みの食用油やゴミから燃料ができるってホント!? TOP画像
 航空機は交通機関のなかでも、輸送単位当たりの二酸化炭素の排出量が多い乗り物です。そのため、カーボンニュートラルの実現に向けては、航空機から排出される二酸化炭素の削減が喫緊の課題となっています。そうした中、カーボンニュートラル実現の切り札として注目を集めているのが、次世代の航空燃料「SAF」です。

SAFとは?

実際に製造されたSAF。
無色透明(ming)で原(yuan)油からつくられる航空(kong)燃料と見た目(mu)も中身も全く同(tong)じ

 SAFは「Sustainable Aviation Fuel(持続可能な航空燃料)」の略称で、循環型の原料で製造された航空燃料を指します。

 現在、ジェット機をはじめとする航空機に使われている航空燃料は、原油を精製して作られています。地下に貯まっている原油を取り出して燃やすため、使えば使うほど大気中の二酸化炭素が増え続けてしまいます。

 これに対しSAFは、現在、植物などバイオマス由来の原料や、飲食店などから排出される廃食油などに含まれる炭素から主に製造されます。これらの主な原料となる植物は、光合成を行う際に大気中の二酸化炭素を吸収します。そのため燃焼により二酸化炭素を排出しても、再度植物が光合成を行うことで、炭素を循環させながら航空燃料を利用できます。こうした自然の循環を利用して航空燃料を製造・活用することで、大気中の二酸化炭素をほとんど増やすことなく、航空機を利用することが可能になるというわけです。

植(zhi)物の光(guang)合成を利用(yong)したSAF利用(yong)のイメージ

SAFの原料と製造方法

SAFの主な原料と製造方法は、以下の通りです。
主な原料 製造方法
廃食油 スーパーやお店で使った後の食用油や植物油などと水素を使って製造(HEFA)
第1世代バイオエタノール(コーン、さとうきび等) コーンやさとうきびを発酵させてつくったアルコールから製造(ATJ)
非可食原料(ポンガミア、微細藻類、第2世代エタノール(古紙等)等) 藻や古紙などから油分を取り出し、水素を使ったり、発酵させてアルコールから製造(HEFA、ATJ)
ごみ(廃プラスチック等) 原料を蒸し焼きなどにしてガス化し、炭素1個の分子と水素分子にばらばらにしたあと、再びつなぎ合わせて液体燃料を製造(ガス化FT合成)
二酸化炭素、水素 二酸化炭素と水素を合成して製造。いわゆる「合成燃料(e-fuel)」(FT合成)
「ごみ(廃プラスチック等)」を除くと、植物の光合成を経由、または人工的に大気中に存在する二酸化炭素から炭素を取り出してSAFを製造します。いずれも製造方法としては確立されていますが、コストが高すぎたり、実証段階のものが多く、現在最も多く使われているのは廃食油からつくられたSAFです。

SAFのメリット・デメリット

 SAFのメリットとデメリットには、以下のようなものが挙げられます。

メリット1:二酸化炭素の排出量(liang)が削減できる

 航空機は輸送単位あたりの二酸化炭素排出量の多い交通機関です。そのため、循環型の燃料として、原料の生産から燃焼までのサイクルの中で二酸化炭素排出量を大幅に削減できるのは、カーボンニュートラルの実現に向けた大きなメリットとなります。単に燃料として使用したときの排出量だけでなく、原料の調達から製造、輸送などあらゆるプロセスで二酸化炭素は排出されるので、ライフサイクル全体で見たときに二酸化炭素排出量の少ないものがSAFとして評価が高くなります。

メリット2:既存のインフラが使える

 SAFは従来の航空燃料と同じように使えるので、既存の機体やインフラのまま、同じサービスを提供しながら二酸化炭素の排出量を減らすことができます。

 航空業界では、二酸化炭素排出量の削減に向け、水素や電気を原動力とした航空機の開発も進められています。これらの技術は将来的には期待の大きいものですが、現状の技術では大型の航空機を長距離にわたって動かすことが難しかったり、インフラの入れ替えが必要だったりと、まだまだ多くの課題があります。

メリット3:国産の原料でつくることができる

 SAFは廃食油や廃プラスチックなどが原料なので、国内の原料で国内生産が可能です。従来の航空燃料は原料や製品を海外から輸入する必要があるので、資源国や世の中の動向によって、価格高騰など安定的な供給が脅かされるリスクがあります。そのため、自国で生産できるエネルギー源を一定程度確保できることは、特に資源を輸入に頼る日本にとって大きなメリットとなります。

デメリット:製造コストが高(gao)い

 SAFのデメリットは、従来の航空燃料と比べて製造コストが高い点です。

製造コストの比較
従来の航空燃料 SAF
100円/リットル 200円~1,600円/リットル
 原油から精製する航空燃料よりも製造に手間がかかるうえ、新たな技術開発のためには投資も必要なので、どうしても普及に向けた過渡期のコストは高くなります。SAFの普及に向けては、サプライチェーン全体で可能な限りコストを抑えていく必要があります。

“脱(tuo)炭素(su)”という価値の浸透が普及のカギ!

国内(nei)大手航空会社であるANAも カーボンニュートラル実現への取(qu)り組みのひとつとして SAFの活用を進めている

 現在の豊かな暮らしを未来につなげるため、世界中でカーボンニュートラルの実現に向けた取り組みが進められています。そうした意味で、大気中の二酸化炭素を増やすことなく飛行機を利用できるSAFは、とても大きな価値を持っています。

 だからこそ、従来の航空燃料に比べてコストは高くとも、SAFの普及を社会全体で支えていくことが大切です。航空機が排出する二酸化炭素を削減できるSAFは、もちろん航空業界にとってメリットが大きい存在です。しかしそれだけでなく、こうした取り組みにより地球がカーボンニュートラルに向かうことは、世界全体の利益となるはずです。この“脱炭素”という価値を、航空機による輸送サービスを利用している企業はもちろん、消費者一人ひとりが正しく認識できれば、社会全体のSAFの需要が高まり、産業としてより早く成長すると同時にカーボンニュートラルの実現が近づくことでしょう。

独立行政法人 エネルギー・金属鉱物資源機構
(法人番号 4010405009573)

〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電(dian)話(代表)03-6758-8000

Copyright© Japan Organization for Metals and Energy Security All Rights Reserved.